ワイヤレスイヤホン

【完全ワイヤレス】ヤマハ新製品TW-E7AとAirPods Pro,Sonyを徹底比較|お買い得なのはYAMAHA?

イヤホンメーカーと言えば、何を思い浮かべますか?

  • Sony
  • audio-technica
  • Beats
  • Bose

人によってお気に入りのメーカーがある人もいるかもしれません。

ヤマハ」がイヤホンを出していると知っていましたか??

ヤマハっていろいろなものを販売していますが、なぜかイヤホンは有名ではないんですよね。

かずまる

4種類しか製品ないし、有名にならないよね。。。

ささっと比較を見たい人は目次からジャンプ!

ヤマハが完全ワイヤレスイヤホンを発売!

2019年11月11日に完全ワイヤレスイヤホンを含む、全5種のワイヤレスイヤホンを発売すると発表されました。

かずまる

ヤマハがイヤホン事業に本格参入!

完全ワイヤレスイヤホンは

  • TW-E7A(2020年2月発売)
  • TW-E5A(2019年12月発売)
  • TW-E3A(2019年12月発売)

の3種類で、最上位モデルの「TW-E7A」はオープン価格で、店頭では24,000円くらいで発売されます。

左右一体型ワイヤレスイヤホンは

  • EPH-W53
  • EP-E50A(2020年2月発売)
  • EP-E30A(2019年12月発売)

の3種類が展開されます。

「EPH-W53」はすでに発売されている左右一体型ワイヤレスイヤホンで、新しく発売されるEP-E50Aがおすすめです。

かずまる

フラッグシップモデルはノイキャン付きだよ!

注目の機能は「リスニングケア」

今回の新製品で注目されているのがヤマハ独自の「リスニングケア」という機能です。

リスニングケアは音量に応じて音のバランスを最適化することで、自然に聞きやすい音になって耳への負担が少なくなるんですね。

ヤマハ独自の「リスニングケア」は、小さなボリュームの時ほど低域と高域が聴こえにくくなる人間の聴感特性や、リスニング環境における聴こえ方の違いに着目し、音量に合わせて、音のバランスが最適になるように補正。自然で聴きやすい音を再現し、過度な音量アップによる耳への負担を抑えます。 (ヤマハ公式HPより抜粋)

これに加えて、ノイズキャンセリング機能がついてくるので、めちゃくちゃ快適に音楽が聴けるってことですね。

かずまる

イヤホンって意外と耳への負担大きんだよ。
ピアノやってる人が言ってた!!

AirPods ProやSonyと比べて、コスパ最強?!

AirPods Pro」と「Sony WF-1000XM3」と「ヤマハ TW-E7A」を価格の面から比較していきます。

かずまる

ヤマハのTW-E7Aが一番安い!

機能的にはほぼすべて同じで、

  • ノイズキャンセリング
  • アンビエントサウンド
  • Siri,Googleアシスタント
  • タッチセンサー
  • AAC(コーデック)

はついています。

異なる点としては下で詳しく説明しますが、

となっています。

apt-xしか対応していないAndroid端末ではTW-E7A一択といった感じでしょうか。

そのほかは実用上に問題がある機能ではなさそうです。

かずまる

再生時間と防水機能は要チェックかも!

機能的に変わらない3つの完全ワイヤレスイヤホンですが、価格的にはヤマハが一番安いんです。

新規参入なので、ノイキャン性能は未知数ですが、AirPods Proを超えてきたらもう勝ち目ないですよね。

TW-E7AとAirPods Pro,Sonyでバッテリー比較

実際使っていくうえで大切なのが、バッテリーの持続時間。

いくらケースに入れて充電できるとは言え、連続使用時間が短いと使い勝手が良くありません。

そこで再生可能時間を表示まとめてみました!

  連続再生可能時間 ケース充電含む
TW-E7A 7時間
(5時間)
28時間
(20時間)
AirPods Pro 5時間
(4.5時間)
24時間
WF-1000XM3 8時間
(6時間)
32時間
(24時間)

かっこの中はノイズキャンセリングONで使用した状態での再生可能時間を表します。表示している時間は最大値です。

かずまる

AirPods Proって全然バッテリー持たないよね

こうしてみると、SonyのWF1000XM3が一番バッテリー持続時間が長いことが分かりますね。

ケース充電と併用すると、どのモデルも実用上は問題ないと言えるのではないでしょうか。

受験生など、4.5時間以上NCオンで使用し続けるなら考えないといけないけど。

TW-E7A,AirPods Pro,Sony比較まとめ

ノイズキャンセリング性能の良さは聞いてみないと正直なところわかりません。

「リスニングケア」についても使ってみないことにはなんとも言えません。

ただ期待しても良いものだと思います。

「音」にこだわるヤマハだからこそ良いものを作ってくると思うし、後発だからこそライバルの研究もしっかりとやってきているはずです。

ノイキャン付きモデルTW-E7Aの発売は2020年2月、その他の製品は2019年12月発売です。

かずまる

胸を膨らませて、待っていよう!

メーカー 価格 連続再生可能時間 対応コーデック Qiチー対応 防水性能
TW-E7A YAMAHA 24,000円 7時間 SBC
AAC
Qualcomm® aptX™ audio
IPX5
AirPods Pro Apple 30,580円 5時間 SBC
AAC
IPX4
WF-1000XM3 Sony 26,000円 8時間 SBC
AAC

ヤマハ公式HPをチェック

【2020年版】実際に使ってみて分かったおすすめの最新イヤホン8選|選ぶ際のポイントは?音楽を楽しむためにはイヤホンが欠かせません。通勤や仕事など使用環境は人それぞれなので、おすすめのイヤホンも人それぞれです。どんな人にどのイヤホンがおすすめなのかに着目して、2019年でおすすめのイヤホンを紹介します。...
ブロガー・大学生
かずまる
MONOBAKOの中の人。
本業は工学部に所属する大学生。
趣味のガジェットに関するブログを運営。
休日はまったり家で過ごしたり、ドライブしたり...な生活。