スマートフォン・パソコン本体

Xperia XZ3からXperia 1へ|カメラやディスプレイが大幅進化で世界初の仕様も!

2019年の夏に新発売するSonyのスマホ「Xperia 1」ですが、今回は本当に期待をして良さそうです。

XperiaはXZシリーズを離れ新たなナンバリングを手に入れました。

そんなXperia 1はそのような進化を遂げたのでしょうか。

Xperia 1の進化|良くなったところ

今回のXperiaはSonyが持ちうる技術を惜しみなくつぎ込んだスマホになっています。

なぜ今までこれをやってこなかったのかと。

Sonyは世界的に優位な地位を築いている分野がカメラを筆頭に存在していますからね。

外観が良い

一番うれしかったのがこれ。

やっぱり使っていてかっこいいなって思うスマホじゃなきゃ買わんよ。

指紋認証が本体横に戻ったのは一番うれしい。いや、まじで。

XZ2/XZ3と指紋認証が本体裏に行ってどこぞの中華スマホやねんという状態になっていたからSonyブランド構築のためにもやっぱり指紋認証は横ですね。

世界初!縦横比21:9の有機ELディスプレイ

世界で初めて21:9という画面比率のディスプレイを採用するのがXperia 1です。

21:9というのは映画の縦横比と同じで、僕らがいつも見ているYouTubeなどは16:9です。

分割表示で使いやすく

21:9のディスプレイでも使いやすくなければ意味がない。ただ縦長になっただけだと表示できる情報量は増えますが、実際は指が届かず使いにくくなってしまうのではという心配もあります。

しかし、SonyのXperiaでは古くから分割画面をサポートしています。いわゆるマルチタスクですね。

スマホで画面分割ができるのはあまり必要がないので珍しいのではないでしょうか。

今まであまり使い道がなくパッとしなかったXperiaの分割画面ですが、縦長ディスプレイにしたことで本領を発揮することができます。

21:9というのは横長の16:9と縦長の16:9がぴったり収まる比率なんです。

上でYouTubeを見ながら下でネットサーフィン

しかもネットサーフィンはいつも使っているスマホの比率と変わらないのでいつもより情報量が少なくなることはありません。

世界初!4K HDR

HDRとは今はほどんどのスマホにフルHDで搭載されている機能ですが、「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略称で、従来の画質とひっかうしてより肉眼で見た映像に近づける技術です。(Sonymobile 公式サイトより)

Sony mobileの公式サイトに比較画像が上がっているのでぜひ見てみてください。

 

良い写真や動画を取るための技術であるHDRを4K・スマートフォンで実現したのはSonyが世界で初めてです。

写真のSonyというイメージがついてきましたね。

Sonyはカメラの光を取り込む部分であるイメージセンサーで世界トップの技術を持っているって知っていましたか?

多くのスマートフォンでSonyのイメージセンサーが採用されていますし、近年では自動車の分野で自動運転・衝突回避システムなどが普及してきたため自動車産業にもSonyは食い込んでいっています。

 トリプルカメラ採用でより良い写真を|瞳AFも初めて対応

  • メインカメラ:26mm / F1.6 / 12MP / 光学式手ブレ補正
  • 望遠・ポートレート:52mm / F2.4 / 12MP / 光学式手ブレ補正
  • 超広角レンズ:16mm / F2.4 / 12MP

メインカメラのF値が1.6ってすごくないですか??最近のスマホでは普通なのかな??

一般にF値というのはレンズが光を取り込む性能のことでF値が低いほどたくさんの光を取り込むことができるので高性能だと言えます。

メインカメラはSonyが開発したメモリ積層型(レンズの中に半導体を組み込み高速で処理できる)のレンズを採用しており高速読み出しが可能です。

 

SonyのXperiaは画素数が多いことで有名でしたが、今回のXperia 1はどれも1200万画素に落ちています。

2000万画素を超えていた時期もあるのでおやおやと思いましたが、画素数の王様の地位は崩れていないそうです。

3つのうち、メインカメラと望遠カメラは連動して動くために実際は2400万画素としてきのうするようです。

これによりAF(オートフォーカス)速度が速くなるそうです。

Sonyの一眼レフと言ったら「瞳AF」です。動物の瞳に素早く自動で焦点を合わせてくれるためにピントがものすごく合うという機能です。この機能がとにかくすごいです。

 

あとはがち過ぎる映画撮影用のソフトが入ってたりするくらいですね。

まとめ

デザインが戻ったのが一番うれしかったのが今回のXperia 1です。

カメラも大幅に性能アップして写真撮りたい人は良いスマホに仕上がってるんじゃないでしょうか。

瞳AFとか4K HDRとかSonyの技術をつぎ込んできたこだわりのスマートフォンがXperiaですね。

Xperiaの方向性としては素人ながらに合ってると思います。

Xperiaはやっぱり大衆受けを狙っていくんじゃなくてXperiaオタク、Sony信者をワクワクさせることによって一般的な人も惹かれていくっていうのがあってると思います。

 

Sonyのスマホ事業の命運をかけたスマホと言っても過言ではないでしょう。これまでスマホ部門だけ上が字でしたからこのXperia 1をきっかけにapple・Samsung・Huaweiに追いつき追い越していってほしいですね。もちろんかなり厳しい道のりですが。

この記事のURLをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。