大学生活

元受験生が語る志望校合格を勝ち取るためのテクニック|やるべきことだけやればいい!

志望校合格テクニック

受験の一番の山場は夏休み!なんて言葉はもうテンプレですね。

部活を引退するのが夏休み前なのでそりゃみんな夏休みから受験勉強を始めますよね。

でも、実際はこの時期に1か月差はすぐ追い付けます。要するに8月に始めようと9月に始めようと関係ありません。

僕の去年の受験生活では8月は受験生という実感が湧かずに本格的に受験勉強をし始めたのは9月に入ってからでした。

それでも、そのあとしっかりと勉強し成績を伸ばすことができました。

受験勉強を早く始めるのは良いことです。しかし、早く始めただけでは意味がありません。大切なのは中身です。とりあえず勉強してるなんて一番やってはいけません。どんなことをしていたらすぐに追い抜かれてしまいます。

 

受験に勝つ人というのは「目標設定をはっきりしている人」「やることとやらなくて良いことがわかっている人」「計画性があり、先を見通して勉強ができる人」だと僕は思います。

そんなに勉強していなさそうなのに何気頭が良くてテストでも良い成績取っちゃうなんて人いませんか?その人たちはこの条件に当てはまると思います。要領が良いんです。先を見た勉強をしているのでがむしゃらに頑張っている人よりも効率が良いのは当たり前です。

では、どうすれば彼らのように受験に勝つ可能性を高められるのでしょうか。

ポイントは原点回帰です。目的は志望校に合格することであり、受験勉強をすることではありません。すなわち、常に勉強しているときは目標を意識しなければなりませんね。そうすればおのずと道が開けるはずです。

怪しい参考書に書いてある怪しいテクニックに惑わされるな!

テクニックは基本があってこそです。

基本に忠実

受験にピッタリのことわざがあります。「急がば回れ」このことわざの通り基本に忠実となるのが一番の近道です。

極端なことを言えば、基本に忠実になればテクニックなどいりません。問題を早く解くためにはテクニックがあった方が良いでしょうが、優先順位が高いのは基本です。

これさえやれば○〇点アップなどという言葉に騙されてはいけません。そのテクニックが通じない問題が出てきたらどうしますか?基本ができていれば解けるでしょうが、今までテクニックに頼ってきた人は解けません。テクニックに頼ったせいで点数を失うのです。

テクニックは特定の問題でしか有効ではなく、形式が変わってしまったら使えなくなってしまったなんてよくある話です。それに対し、基本をしっかりと学んでいたらどうでしょう。形式が変わっても基本に忠実になって問題を解いていけば解けない問題はありません。時にはそれでは面倒な問題もあるでしょうが、リスクを考えた時にテクニックに頼るというのはかなり危険な行為です。

 

先ほど受験に近道はなく、基本に忠実になれと言いました。受験で一番の最短ルートはいらないものをどれだけ捨てれるのかにかかっています。

受験生はとにかく不安に駆られます。いろいろやらないと落ち着きません。本当にこれで全部モーラできているのだろうか。そんな不安がつきませんよね。よくわかります。

でも、受験を最短ルートで突っ走るためには基本に忠実になるしかありません。そこでいらない暗記やテクニックをそぎ落としていくんです。

いかに効率よくできるのか、それがカギです。

要領良くなるためにすべきこと
要領が良い人はなぜ?|趣味の時間を作るためにはどうすれば良いか趣味に没頭する時間が欲しい! 時間は効率を良くすれば生まれてきます。 人生は限られてますから充実した人生を送るためにも、なんでも効率よ...

受験が終わるまでの計画を立てよう

受験勉強で最初にすることは計画を立てることです。今から受験まで何日なのかを把握しましょう。ここでポイントなのは「何日」あるか把握するんです。何か月あるかではありません。日にち換算の方が実感がわきやすく受験勉強により集中して取り組むことができます。

そしてこの予定、パパっと確認したいだけなので正確じゃなくても良いです。

まあ、12月に入ったら2次試験の勉強をセーブしてセンター試験の勉強始めようかなーとか、私立入試の1週間前に少しくらい過去問とこうかなーとか、そんな感じで大丈夫です。

入試の日程などはいつか先生とか友達とかから情報が入ってくるので調べなくても問題ありません。(もちろん調べても良いですが。)だいたいでいいんです。

なんで正確じゃなくても良い予定を立てるのかというと自分の心の準備をしたいからです。

受験までの期間が短くなってからあれもやらなきゃこれもやらなきゃとならないように自分でこれからやる量を把握するんです。

そうすることによって周りが焦り始めても自分は自分のペースで勉強することができるんですね。

 

なぜアバウトな計画なのかというと臨機応変に対応するためです。

受験は何が起こるかわかりません。想定外の量の勉強をしなければいけません。

友達や先生から聞いたことも追加していかなければいけませんね。

そんな時に予定がアバウトだと予定変更が簡単にできますよね。

フリーにしておくことで柔軟に対応できるんですね。

メリハリが大切|休み時間は休み時間

なんでみんな休み時間にも勉強をしちゃうんですかね。そんなに集中できないと思いますけど。授業が終わったら休み時間の間の休まず赤本や参考書を開いて勉強。。。

休み時間はしっかり休んで、頭を休ませましょう!!

1日中学校で授業を受け、そのあと家や塾でさらに勉強します。そんなに集中力は続きません。勉強を投げ出さなくても確実に集中力は落ちています。だったらこまめに休憩を取って効率よく勉強を進めていくべきです。

そこで学校でのこまめな休憩が授業間の休み時間というわけです。

学校の授業を真面目に受けろって言ってんの??

いやいや、違います。学校の授業は正直聞かなくても良いです。自分のためになるなら聞くべきですし、無意味なら聞かなくても問題ありません。

自分にとって一番有意義な使い方をしましょう。

 

休み時間にどうやって休むか。そんなのはどんな休み方でも良いです。僕の場合は「睡眠」or「友達とおしゃべり」でしたね。

友達と話すのは情報交換にも役立ちますし、勉強のことを話していると自分が本当は理解できていなかったところなどがわかって効果的です。

何より気分がリフレッシュできますしね。

時期別!|やるべきこと

まずは受験勉強は大きく分けて2次試験の勉強とセンター試験の勉強に分かれます。

センター試験の勉強は12月に入ってからやるのが望ましいです。

それまではセンターのことは気にせずに2次試験の勉強を全力でやりましょう。12月からは9.5割センター試験の勉強をしていきましょうね。

ただし、2次試験で使わないよっていう科目は少しずつ0.5割くらいはやっていったほうが良いのではないかと思います。

 

数学・国語・英語は基礎力の積み重ねが大切な教科で、小手先にテクニックは基礎が鳴っていないと通用しません。

この3教科に関しては12月から始めていたのでは絶対に間に合いませんから苦手な人は週に現代文と古文一題でもいいのでやっていきましょう。

物理や化学などの理科系に関しては2次試験の勉強で理科をやっている人は12月からでも間に合います。2次試験ができていればセンター試験なんて楽勝です。記号に惑わされないよう二次試験のように説くことを心がけてください。自分で答えを導いて、それと同じ選択肢を選ぶんです。先に選択肢を見たら迷うだけなのでやめましょう。

理科基礎の場合は公式暗記だけで乗り切れるのでなにも問題ありません。

理科基礎の人は物理基礎がおすすめです。覚える公式もそんなに多くないですし、原理までわかっちゃたら満点は確実ですね。

 

社会は僕が地理しかやっていないので地理についてのみ書きます。

地理は日ごろからニュースとか見てると力がつくのかなと思います。気候帯なんかは覚えればいいのですが、国についてが厄介です。世界全部の国を完全に把握するのは不可能なので、いかにその国のイメージを正確に持てるのかということが大切です。

あとは出題者の意図をどれだけ読み取れるのかということです。チリはひっかけ問題が多いので、こういう時ひっかけてくるだろうななどを考えると点数が伸びます。

自分は自分。周りは周り。

受験は団体戦だと思いますか?僕はそうは思いません。

がっつり個人戦だと思います。蹴落としいじゃないですか。

 

あなたの周りの人は何冊も何冊も参考書をやっているかもしれませんが、あなたはあなたです。ひとつひとつやることやることを完璧にこなしていきましょう。

問題集を何冊もやるより、良問を何回も繰り返し繰り返し解いた方が効果的です。僕は同じ物理の問題集を5周りはしました。その某K塾の問題集は良問なので大学でも役に立っています。そんくらい良問は効果的です。

大切なのは高い質で量をこなすことです。余分な知識は入れない!

余分な知識かどうかを見極めるために先生の話を聞き、友達と話すんです。

受験生活は終わって振り返ればあっという間だったなと思います。後悔の内容頑張っていきましょう!

そして、思いっきり楽しんでください!

大学生活の現状
大学生活はこんな風だった?!|高校生から大学生になって変わったこと高校生まではいろんなものに縛られてしまいますが、大学生になったら縛られていた生活から一気に解放されます! 僕が今年大学生になり実際に大学...
この記事のURLをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。