大学生活

部活・サークルを辞める連絡をするときどのような文章を送るべき?Lineでいいの?実際の体験談をもとに考えてみた

部活・サークルをやめたりするときに、もっとも困るのが「伝え方」です。

顧問、先輩にどうやってどのタイミングで伝えようか考えているうちに、ずるずると時間が経ってしまっているという状況に落ちってはいませんか?

僕も部活をやめる際に、この記事を読んでくださっているみなさんと同じような状況に陥りました。

良く考えてみると、そうやってぐだぐだしている時間は「人生を無駄にしている」のです。

人間にとって何よりも大切なのは「時間」です。

部活・サークルを辞めようか辞めまいか悩んでいるときはまだしも、連絡方法でくよくよしているのでは大切な時間をドブにどばどば捨てているようなものです。

そこで今回は僕の実体験をもとに、「部活・サークルを辞める連絡の伝え方」を紹介します。

少しでも自分の時間をフル活用し、今後の生活をより充実させる手伝いができたらなと思います。

部活・サークルはあくまで自由参加|やめてもOK

「部活やサークルって一度入ったらなかなかやめられない」と考えている人も多いのではないでしょうか。

部活をやめてもOK!

結論から言ってしまうと、こうなります。

部活やサークルは「自由参加」で自主的に参加しているわけですから、自分にはもっとほかのやりたいことがあるんだという人はすぐにでもやめて良いと思います。

他にも人間関係がうまくいかないといった悩みを持っている人や、思ったよりも部活が楽しくなかったという人も多いでしょう。

そのような部活を苦しんでやっている人は早く逃げた方が良いと思います。

会社でもそうですが、鬱病になってから辞めるというパターンが多いです。本来ならば、鬱になる前に辞めるべきなんです。

学生生活なんてたった数年で終わってしまいます。

時間を有効に使いましょう。

部活・サークルを辞めるときの連絡はLineでOK!

今時大学の部活やサークルを辞めるときの連絡は、LineやメールでOKです。

僕は部長に直接何の前振れもなく連絡しましたよ。

しかし、高校生の人や大学でも体育会系のような、きつい部活に入っている人は顧問の先生に連絡しなければいけないという人もいるでしょう。

この場合は連絡先を知っていたとしても、直接伝えに行った方がいいと思われます。

どうしても勇気が出ないならば、電話で伝えるというのも1つの方法ですね。

今の時代、直接言いにこないやつをしばくような肝の据わったやつはそうそういないので、たいていlineで大丈夫です。

部活・サークルを辞める時に送る文章は簡潔で良い!

では、部長に対してどのような文章を送ればよいのでしょうか。

僕が実際に送った文章がこちら。

お忙しいところLineで失礼します。私なりに考えたのですが、退部させていただきたいと思います。

これだけです。

この後に、事務的なことを言われて終わりです。

僕としても、部活の人たちはとてもいい人で話を拗(こじ)らせたくなかったのでうまくまとまってくれてよかったです。

この時、顧問や部長がしつこかったら引き止められたり、理由を詳しく聞かれたりする場合もあるでしょう。

そんな時に対応するために「部活を絶対にやめたいんだ」っていう意思を伝えたいので、できれば2つ以上部活・サークルをやめる理由を用意しておくとよいです。

1つしか理由がなくて論破されてしまった場合、退部しない方向で押し切られちゃっても困るので2つ以上用意しておくのがポイント!

「勉強したい」「趣味に励みたい」「バイトしたい」何でもいいと思います。

そして最も大切なのが自分の意志です。せっかく勇気を出して退部を決心しても引き止められて部活に残ることになったら意味がありませんね。

僕は友達に退部すると伝えた時に「引き止めても無理そう」と言われました。そんくらいの意思があった方が良いと思います。

いくら雰囲気で圧力をかけられても、自分自身がどうしたいのかを考えるようにしましょう。周りの空気に流されないことが大切です。

顧問にはどうやって伝えればよいのか

顧問に退部することを伝えなければいけない時はとても緊張しますね。

そんな時でも臆せずに、先述したようなことを実践すれば問題ありません。よほど部活に情熱を持っている顧問でなければ事務的なことをさっさとやってもらえると思います。

顧問に伝える場合も伝える内容は何ら変わりありません。「私なりに考えたのですが、部活をやめさせていただきます。」これだけで良いです。

引き止められても揺るがないように決心が固まってから顧問の先生のところに行った方が良いでしょう。

他人の目を気にしすぎるな

ホリエモンこと堀江貴文さんが、「多動力」という本の中でこう語っています。

他人の目を気にしすぎて「自分の時間」を生きていない人が多い。

出典:『多動力

自分が思っているほど、人は自分に興味がない。

人の目を気にしていたら、自分の時間が無駄になります。自分が部活をやめたところで時間が経てば、何事もなかったかのように生活をするだけなんです。

それぞれがぞれぞれの思う最善の道を選択することが大切です。

created by Rinker
¥550 (2019/10/23 20:50:01時点 Amazon調べ-詳細)

→マンガ版はこちら

また、「時間革命」という本の中で、「時は金なり」という時間はお金と同じくらい価値をもつという意味の言葉について、このようにも語っています。

ぼくに言わせれば、こんなバカな考え方はない。

この言葉は、時間とお金を「同等に価値があるもの」だとしているからだ。

人間にとって、何より尊いのは「時間」である。

お金など比べものにならない。

出典:『時間革命

高校生活、大学生活なんて一瞬で終わってしまいます。たった3,4年なんです。

自分の時間をしっかりと作り、自分のやりたいことをやり続ける。

これが一番大切なことです。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥1,430 (2019/10/23 20:50:02時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

部活やサークルをやめるときに連絡する手段なんて何でも良いんです。

部活やサークルをやめるのは個人の自由ですし、部員も深刻に思うこともないことがほとんどです。

大切なのは「部活・サークルを辞めること」ではなく、「辞めた後」です。

部活・サークルを辞めた後にどうやって生活していくかが大切なので、より充実した生活が送れるように挑戦していきましょう。

危ないサークルに入らないためのサークル選び|部活・サークルに入るとき楽しむために注意すること大学生になってやりたいことの1つが「部活・サークル」だという人は多くいるのではないでしょうか。 そこで気になってくるのが部活・サークル選...
サークルに入らない大学生
大学生はサークルに入るべき?|入らなくても良い理由とは大学生になったらサークルとか入らなきゃだめかなー   とか思っていませんか? 結論から言います。   サークルに入らなくても良いです。 ...
大学生がバイト以外で稼ぐメリット
大学生がバイト以外で稼ぐメリット8選|経験,時間,お金etc...いろんなものが手に入る大学生はバイトをして稼ぐものだ こんなステレオタイプはなくさなければいけません。 大学生で起業している人もいれば、勉強に打ち込む人もい...
この記事のURLをコピーする
関連記事