大学生活

理系大学生は忙しいって本当?|サークルやバイトはできるのか

理系大学生は文系大学生に比べて忙しいという話をよく耳にします。

理系大学生はサークルやバイトなんて到底できないほど忙しいというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、サークルやバイトができないほど忙しいことはありません。自分のスケジュールをしっかり管理できる人なら時間を捻出することはできます。

 

今回は国公立大学工学部に通っている僕が「理系大学生は本当に忙しいのか」という話題を掘り下げていきます。

講義(授業)は忙しい?

大学によって異なりますが、一般的には理系の授業コマ数は文系の授業コマ数に比べて多いです。

理系の僕からすれば全休があるのがすごく羨ましく感じます。。。

 

普段の講義に関して言っても理系の授業は普通に大変です。

「大学生は授業を切れる」というイメージがあるかもしれませんが、残念ながらそんなことはできません。

すごく頭が良い人でない限り教科書だけで内容をマスターすることはできません。

1人で教科書だけで勉強するよりも授業に出席して学習した方が効率が良いですし、テスト対策もしやすいです。

授業中に練習問題を解いておけばテスト前に楽できるのでしっかりと授業を受けることが大切です。

 

文系大学生は授業を切って良い・切れるとは言いませんが、理系大学生は教養科目を除ききれる授業はほぼありません。

切りたくなるような授業をする教授もいますが、テストの時に困るのでしっかり出席した方が良いですね。

 

授業を切れないから忙しいということではなく、授業に出席することは普通のことです。ただし、文系と比較すると忙しいのは事実だと言えるでしょう。

テストや実習・実験の面でも忙しいのでそこについても詳しく書いていきます。

テスト対策もぬかりなく

理系は教養科目意外の講義ではほぼほぼテストがあります。

文系の友達に聞いたところ期末テストが1講義しかないといっていたのでとんでもない違いですよね。

テストはテスト前に対策をしないといけないのでレポートとは比較にならないくらい膨大に勉強をしないといけません。

1日に複数教科テストが実施される時もあるので1夜漬けではしのぎ切れない時もあります。計画的にテスト対策してテストを乗り越えなければなりません。

テストで60点以下だと問答無用で単位を落とすなんてことが普通なのでここを乗り越えなければ留年が待ってますしね。

 

テスト対策というのは膨大な内容を短期間で詰め込まないといけないのでテスト前は特別忙しくなります。テスト前はバイトを減らしたりして勉強時間を確保する必要がありますね。

実習・実験はレポートがえげつない

理系大学生の特徴として実習・実験があることです。

実習や実験は講義時間が延びることも多く、後日レポートも提出しなければなりません。

自分で実験で出した数値をもとに解析してレポートを書くので死ぬほど大変です。

2コマ連続(3時間ぶっ続け)で実習することが多いので集中力との戦いですね。正確な数値出さないとレポートが書けないので。。。

 

実験に限らないですが、レポートや課題は友達と共有して本当にあってるのか確かめる必要があるので友達が多いに越したことはありません。

レポートを書くスピードを上げるためにはタイピング速度を上げるのが一番手っ取り早いので、ブラインドタッチ(タッチタイピング)ができるようにしておくと課題が早く終わります。

単位を取るだけじゃだめ

そんなに勉強しなくても単位だけ取ればいいんでしょっていうイメージが大学にありますよね。

文系の場合学部卒で就職するのでその考え方でOKですが、理系においてはその考え方は改めた方が良いです。

 

理系大学生にとってGPA(Grade Point Average)はすごく大事なファクターになってきます。

大学の成績は「秀・優・良・可・不可」or「S・A・B・C・D」(=「4・3・2・1・0」)の5段階評価で評価されます。

1単位当たりのGPの平均を取ったものがGPAとなります。

なぜこれが大事なのかというと、分野配属や研究室配属、院試、就活の際の推薦にかかわってくるからです。

基本的にGPAの高い順に選んでいくことになるので自分の希望する進路に進むためにはGPAが高くなければいけません。

 

ただ卒業するだけならば単位を取るだけで良いのですが理系にとって分野は遺族や研究室配属は自分の専門分野を決める一大事なので希望通り配属されるように高いGPAを取っておくべきです。

バイトはできる!

理系大学生は忙しいと散々行ってきましたが、バイトはできますし、サークルもできます。

理系大学生と言えども土日は大学がないのでバイトやサークルができます。

平日でも一番最後の講義が18:00頃までなのでそこからでもバイトできます。もちろん、毎日最後まで18:00まで講義があるわけではないので平日でもバイトができます。

 

テスト前などは忙しくなるのでシフトに融通が利くバイトの方が好ましいですね。

まとめ

理系大学生は忙しいですが、バイトもサークルに普通にできます。いろいろ工夫して時間を捻出して大学生活を楽しみましょう!!

この記事のURLをコピーする