スマートフォン・パソコン本体

【使用レビュー】生協PC”Let’s Note”を1年半使ってみた!|使いやすくて壊れにくい!!

Let's Note使用レビュー

大学に入学してまず悩むのが生協でパソコンを買うかどうかです。

日本のほとんどの大学生協において「panasonic Let’s Note」「富士通 LIFEBOOK」「東芝 Dynabook」のどれかと「Apple Macbook」を取り扱っています。

僕の大学ではpanasonicのLet’s Noteを取り扱っていたのでLet’s Noteを購入しました。

そこで今回はLet’s Noteを買って良かったところ悪かったところを紹介します。

 

僕が大学生協で購入した生協PCはレッツノートCF-SZ6です。

良かったところ

キーボードの打ちやすさ

レッツノートのキーボードは打ちやすい!!!

打鍵感がしっかりあって「キーボードをたたいてるぞ」って感じのキーボードです。

といっても重くはなく軽く打てるキーボードなので長時間レポートを書いていても指が疲れることはありません。

「癖になる」キーボードです。

 

通常のノートパソコンだとキーストローク(キーを押し込む距離)は1mm強なのに対し、Let’s Noteは2mmもあるのでしっかりとした打鍵感を望む人には良いのではないでしょうか。

キーピッチ(キーどうしの幅)もデスクトップパソコンで使うようなフルキーボードと同じように19mmあるので打ち間違いが少なくなります。

Let’s Note特有の機能”トラックパッドが便利”

トラックパッドのくるくる回すやつが意外と便利

再び語彙力w

調べたところホイールパッド機能というやつらしいです。

このホイールパッド機能というのは円形のトラックパッド(ホイールパッド)の周囲をなぞることで画面を上下左右にスクロールできる機能のことです。

panasonicの制御が便利

panasonicのパソコンには(生協パソコンだけかもしれない)panasonic独自の制御ができるシステムが組み込まれています。(無効化することも可)

このシステムのおかげでパソコンに詳しくない人でも幅広い設定が可能になっています。

 

「バッテリーを80%充電で保ってくれる機能が良い」

これはエコノミーモードというらしく、満充電してバッテリーが弱るのを防ぐための機能です。

常に満充電にしているとバッテリーの消耗が激しくなるため、バッテリーを80%で保ってくれるのはバッテリー寿命を延ばすことにもなるので便利な機能ですね。

僕は家で電源に接続しながら使うことが多いのでとても便利な機能だと思います。

軽量なパソコン

軽い

約930gの軽量なボディなので1日中持ち歩いても気になりません。少し重さは感じますが、重いという感じはしません。

ノートパソコンは持ち運ぶのを前提にしているのでやっぱり重さというのはパソコンを選ぶ際の重要なファクターになりますね。

接続端子が豊富

端子類が豊富

基本何でもあるんじゃないでしょうか。

LAN端子・D-Sub(VGA)・USB×3・HDMI・SDカードスロット・光学ドライブ(DVD/CD)・イヤホンジャック

これだけそろっています。

これだけそろっていれば大学のプレゼンなどでスクリーンに映し出すときも困ることはありませんね。

大学ではまだHDMIに対応してなく、D-sub(VGA)にしか対応していないプロジェクターもあったりするのでVGAに対応しているLet’s Noteは安心してプレゼンに持っていけますね。

MacbookのようにUSB-typeCしかないパソコンだと変換ケーブル地獄に陥る可能性もあるので注意が必要です。USB-typeCでも画面出力はできますが、USB-typeCに対応したプロジェクターはほとんどないと思われます。

せめてHDMI出力に対応したパソコンを選んだ方が良いと思います。

頑丈

頑丈・壊れにくい

Let’s Note最大のとりえは「頑丈で壊れにくいことだ」と言われています。

公式によると76cmから落としても壊れないと発表されています。万が一机の上から落としても大丈夫ですね。

着せ替えパネルがついてくる

これは僕の場合ですが、生協でLet’s Noteを購入すると様々な色の着せ替えパネルがもらえます。(非売品)

もともとはシルバーのLet’s Noteですが、非売品のパネルをつけることで自分の好きな色に着せ替えられるというのも面白くて良いのではないでしょうか。

 

panasonicを代表するパソコンということで便利に作りこまれています。

悪いところ

トラックパッドが小さい

ホイールパッドを搭載しているため、トラックパッドが円形になっています。

それに加え一般的なトラックパッドよりも1周り小さいため、画面の端から端まで移動するのに苦労します。

 

小さい円形というのは、ホイールパッドを使う分にはとても便利ですが、かえってそれが仇となっている気がします。

 

これについてはマウスを使う人は気にすることではありません。

厚みがある

Let’s Noteは軽いけど分厚い

  • 頑丈で壊れにくくするため
  • 光学ドライブを積んでいるため

原因はこの2つが考えられます。

壊れにくくする分衝撃を吸収する機構が必要になるため、パソコン内に空洞が多い仕様になっているようです。それに加えて光学ドライブを搭載したことにより分厚さが増していますね。

しかし、持ち運びに困るような厚さではありませんし、重さは軽いので問題はあまりないかなと思います。問題があるとすれば見た目がスタイリッシュにならないくらいでしょうか。

スピーカーの音質が悪い

スピーカーはモノラルスピーカーで音質も良くありません。

ノートパソコンはスピーカーで音を鳴らすことが少ないのでコスト削減ということで申し訳程度のスピーカーがつけられたというところでしょうか。

このパソコンで音楽や動画を聞きたいなら外付けのスピーカーをつけるか、イヤホンやヘッドホンで聞くかどちらかにした方が良いです。

デメリットというのはこのくらいでしょうか。

まとめ

最後に動作について書きたいと思います。

まず、重いソフトを動かさない限り固まることはありませんでした。

普通にネットサーフィンをしたり、レポートを書いたりするのはなんの支障もなく動きます。

 

問題は重いソフトを使ったときです。

僕の場合CADを使ったときにたまに固まってしまうという状況に陥りました。

そもそもCADはノートパソコンで動かすものではないのかもしれませんが、理系大学生に売るものならばもう少しスペックアップしても良かったのかなと思います。

 

良いところと悪いところをまとめると、、、、、

”めっちゃ普通”

使いやすいですよ。普通に、うん(笑)

 

レッツノートは良いPCだがわざわざそれを選ぶかって言ったらそうでもないかなと思います。

おんなじ生協パソコンで行ったら富士通の方がスタイリッシュでかっこいいし性能もいいですからね。。。

この記事のURLをコピーする

POSTED COMMENT

  1. […] 外出した時にLet’s Noteのキーボードを使うこともありますが、圧倒的にRealforceの方が使いやすいです。(Let’s Noteのキーボードはそこら辺のメンブレンキーボードよりも全然使いやすいです) […]

  2. ru-chan より:

    こんにちは。
    パワハラ指切断でおなじみのド屑県香川のド屑企業フジフーヅでございます。
    裁判も会社ぐるみで偽証をして無事乗り切ったド屑でございます。
    餃子シュウマイなどをスーパーで販売しております。
    店頭で見かけましたらそのときはご購入のほどどうかよろしくお願い致します。

  3. […] 【使用レビュー】生協PC”Let's Note"を5か月使ってみた!今回は大学入学と… […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。