ショッピング

【Kyash-Apple Payに対応】iPhoneにKyash Cardを登録する方法を徹底解説【QuickPay+】

スマホ決済などを手掛ける『Kyash』がついにApple Payに登録できるようになりました。

最近AndroidからiPhoneに乗り換えた筆者にとっては大ニュース。

再びKyashを用いたQuickPay決済ができると分かり、すぐにApple Payに登録しました。

人生で初めてのApple Pay登録。難しいこともなくなんなくクリアしました。

今回は『Kyash CardをApple Payに登録する方法』を初めて使う人にもわかりやすく解説します。

Kyash CardをApple Payに登録する方法

  • STEP1
    Walletアプリで設定を行う

    iPhoneに元からインストールされているWalletアプリを開き右上の「+」をタップ。
  • STEP2
    カードの種類を選択

    「クレジット/プリペイドカード」「Suica」のうち「クレジット/プリペイドカード」を選択。
  • STEP3
    カード情報を手動で入力

    カードを撮影する画面になるので、下のカード情報を手動で入力をタップ。その後Kyash Cardの情報をKyashアプリからコピペする。
  • STEP4
    利用規約に同意

    同意しないと使えないので。
  • STEP5
    SMS認証

    SMS認証を済ませる。
  • STEP6
    完了

    準備完了です。

Apple Payの利用方法はこちら

  • STEP1
    電源ボタンをダブルクリック
  • STEP2
    Face IDでロックを解除
  • STEP3
    リーダーにかざす

Kyash Card Lite,Virtualでも登録可

 Kyashカードは

  • 還元率が1%で最近新設された『Kyash Card』
  • 以前からある旧リアルカード『Kyash Card Lite』
  • スマホ上だけで発行される『Kyash Card Virtual』

 Apple Payへの登録はすべてのKyash Cardで行えます。

サクッとQuickPay支払いできる手段が欲しい方はKyash Card Virtual。

Kyashを日ごろの支払い手段にしようと考えている方はKyash Cardをおすすめします。

Kyash Cardを発行すれば実質2%還元も

Kyash Cardの一番上位モデル『Kyash Card』では下位モデルのLite,Virtualに対し2倍の1%ポイント還元が受けられます。

カード本体に番号が書かれないAppleカードのようなカードで、人気が爆発し発送が遅延するほどだとか。

ただし発行手数料が900円かかるので、日ごろからKyashを使う人でないとKyash Cardにする意味がないとも言えます。

Kyashはプリペイドサービスなので、Kyashにクレジットカードやデビットカードでチャージすればクレカの方にもポイントがつきます。

ゆえに、ポイントの2重どりができるようになり、実質2%のポイント還元が受けられてしまうんですね。

ポイントの2重どりだけでなく、MUFJのVISAデビットなどApple Payが使えないカードとKyashを紐づければ間接的にではありますが、Apple Payを非対応カードでも使用できます。

Kyashには自動チャージ機能があるので、Suicaのように事前にチャージしておく必要はありません。

Apple Payに直で登録するのと同じ使い勝手が得られます。

この記事のURLをコピーする
ブロガー・大学生
かずまる
MONOBAKOの中の人。
本業は工学部に所属する大学生。
趣味のガジェットに関するブログを運営。
休日はまったり家で過ごしたり、ドライブしたり...な生活。